エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】ウッチャン従兄「内村・金メダル男」 体操男子団体の快挙を祝福

ウッチャンナンチャン・内村光良の従兄で“あんちゃん”と呼ばれる放送作家・内村宏幸さんが、リオ五輪体操男子団体総合で金メダルをとった日本代表をツイッターで祝福している。なかでも内村航平選手の活躍は同じ“内村”つながりだけにことのほか嬉しかったらしい。

内村宏幸さんは『笑いの殿堂』や『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』『笑う犬シリーズ』から『爆笑レッドシアター』や『LIFE!~人生に捧げるコント~』など数々の番組に関わっている。マセキ芸能社で芸人養成スクールの講師を務め、自身も劇団SHA・LA・LAに所属して俳優として活動するなどウッチャンナンチャンに極めて近しい人物だ。

その彼が8月9日、『内村宏幸(Uchimura_H)ツイッター』にて「内村・金メダル男。今日は高らかにそう言っていい日」とツイートした。男子団体総合決勝で予選4位だった日本が予選1位の中国を抜いて合計274.094点で優勝した喜びをつぶやかずには居られなかったのだろう。しかも男子体操チームを率いたエース内村航平選手が予選のミスをものともせず床運動で最後に見事な演技を見せた。

同じ内村姓としてはテンションも高まるというものだ。さらに従弟の内村光良による小説で映画にもなる『金メダル男』を思い出し「内村・金メダル男」の言葉を贈ったのである。

10月22日公開予定の映画『金メダル男』は内村光良が原作・脚本・監督・主演を務めており、東京オリンピックで日本中が盛り上がる1964年に生まれた主人公・秋田泉一の青年期を知念侑李、壮年期を内村が演じる。秋田は小学校時代に徒競走で一等賞になって以来、一番になることを追求して絵画から火おこしまで様々な大会で金メダルを獲得する。やがて神童と呼ばれるようになった彼はすべての金メダルを獲るべく奮闘を続けるのだが…。果たしてリオ五輪での体操男子のように夢を果たすのだろうか。

出典:https://twitter.com/ryoheikato0909
出典:https://twitter.com/Uchimura_H
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)