海外発!Breaking News

writer : ac

【海外発!Breaking News】イギリスで最も大きな胸を手に入れた女性「次は肋骨を切除したい」

美しさの尺度とは人によって様々であり、「心がきれいなこと」「痩せていること」などと価値観も違うだろう。イギリス在住の26歳の女性は大きなバストに魅了され、インプラントと美容整形を繰り返すことで自身が求める美を追求してきた。『Mirror』『The Sun』などが伝えている。

ロンドンに住むモデルのニッキー・ヴァレンティーナ・ローズさん(Nicki Valentina Rose、26)のバストは現在“34NN”であり、換算するとアンダーバスト75cmに対してトップは115cm以上ある。これまで豊胸手術に約570万円(40,000ポンド)、3回の鼻の整形に約285万円(20,000ポンド)、15回のリップフィラーに約114万円(8,000ポンド)とあわせて約970万円(68,000ポンド)をつぎ込んだ。

ニッキーさんのバストはもともと“32B(日本サイズ70B~C)”だったが、21歳の時に「他の人の中に埋もれたつまらない自分は嫌。世界で一番大きな胸を持つ憧れのロロ・フェラーリさん(Lolo Ferrari)のようになりたい」と豊胸手術を受けることを決意した。ロロさんは2000年に37歳で亡くなっているが、現在のニッキーさんの胸は“36MMM”だったロロさんよりも大きく、インプラントには3250ccが注入されている。

ニッキーさんはさらなる手術でインプラントを5000ccにまでしたいと望んでいるが、大きな胸を支えるために起こる腰の痛みや慢性疲労に悩まされており、医師はこれ以上の手術は危険が伴うとして勧めていない。

胸が大きすぎるゆえの苦労を、