海外発!Breaking News

writer : ac

【海外発!Breaking News】流産した赤ちゃんの霊が棲みつく家(カナダ)<動画あり>

カナダに住む2児の母メリッサ・スミスさん(仮名)は今から約2年前、3人目となるはずだった赤ちゃんを流産した。それ以降、彼女の自宅では不思議な現象が相次いでいたが、このたびカメラに怪奇現象の原因ともいえる“あるもの”が捉えられ、その映像が拡散している。『Mirror』『Inside Edition』などが伝えた。

トロント在住のメリッサさんは2016年9月に3人目の子を流産したが、その日を境に彼女の家では普通では考えられないような奇妙な現象が起こり始めた。メリッサさんはもともと心霊現象などほとんど信じていなかったというが…。

「流産という悲しい結末で終わった妊娠でしたがその日、自宅に戻ると居間の真ん中に置かれていた子供用のおもちゃのスイッチが入り、音楽が鳴り始めたのです。それからというもの寝室のドアが勝手にバンと閉まったり、誰もいないのにドアをノックする音が聞こえたりと不思議なことが続きました。」

そして5月31日、メリッサさんは生後8か月の娘レアちゃんの寝室に設置されていたベビーモニターの映像を見て背筋が凍り付いた。なんとレアちゃんが寝ているベビーベッドの隅に、亡くなった赤ちゃんと思われる顔がはっきりと映し出されていたのだ。

モニターを食い入るように見ていると、メリッサさんはレアちゃんが何やら激しく動き、もがき始めたことに気付いた。するとレアちゃんはまるであるはずのない顔に引き寄せられるように、ベッドの隅に顔をうずめていくのが分かった。いても立ってもいられなくなったメリッサさんは、