海外発!Breaking News

writer : tinsight-masumi

【海外発!Breaking News】「ネズミに食べられた」泥酔して家畜小屋で寝た女性、両脚を失うことに(露)

ロシアでホームレスの女性が、泥酔して眠っている間に両脚をネズミにかじられてしまったという。女性は両脚を切断する羽目になり、介護が必要な身体になってしまったそうだ。英ニュースメディア『The Daily Star』などが伝えている。

ロシアのニュースメディア『kpstav』が6月13日、酔って寝ている最中に「ネズミに両脚を食べられた」と主張している女性について報じたところ、多くの海外メディアが取り上げ注目を集めた。女性は60代と見られ、名前がマリナ(Marina)とだけ伝えられている。災難はスタヴロポリ地方にある農場の家畜小屋で、酔ったまま眠ってしまった時に起きたという。

ネズミに脚をかじられたマリナさんは、身動きが取れずにいたところを通りすがりの人に発見され、病院に搬送された。しかし彼女の両脚はすでに壊疽が始まっており、両脚全てを切断することになった。通常は壊疽が始まると皮膚や皮下組織が死滅することで黒く変色し、治療としては死滅した組織を切除することになるが、彼女の場合は両脚を切断せざるを得なかったようだ。

現在、ホームレスの保護施設「ヘルピング・ハンド・シェルター(Helping Hand shelter)」で療養中のマリナさんは、周囲から何が起こったのか尋ねられると、「酔っ払ってネズミに食べられちゃったのよ」と答えているという。同施設の職員によると、マリナさんは重度のアルコール依存症で、そのために子供の親権を失い家族とも疎遠になってしまったそうだ。

しかしながら、マリナさんはどこへ行くにも誰かに抱えてもらう必要があり、定期的にオムツを替えてもらわなければならないため、