海外発!Breaking News

writer : ac

【海外発!Breaking News】分離しない決断をした結合双生児のアビーさん(34) 2021年に結婚していた(米)<動画あり>

米ミネソタ州で1990年、結合双生児として誕生したアビゲイル(Abigail、以下アビー)&ブリタニー・ヘンゼル姉妹(Brittany Hensel)のうち、アビーさんが2021年に結婚していたことが明らかになった。分離せず、今年3月に34歳となった姉妹の嬉しいニュースを、米ネットサイト『TODAY.com』などが伝えている。

アビー&ブリタニー・ヘンゼル姉妹は1990年3月7日、大工であり造園家である父マイクさん(Mike)と看護師の母パティさん(Patty)の間に誕生した。一卵性双生児の2人は、頭が2つあるにもかかわらず体は1つしかない結合双生児で、両親はその後、2人が揃って生存する確率が低いことから分離手術をしない決断をした。

姉妹は心臓(2)、肺(4)、胃(2)、脊椎(2)は1人分ずつあるものの、胃から下の臓器を共有しており、アビーさんが体の右側を、ブリタニーさんが左側をコントロールする。そのため歩く、走るといった全ての行動は2人で協力しなければならないが、ピアノを弾いたり、ソフトボールなどのスポーツにも挑戦し、泳ぐこともできるという。

そんな姉妹がメディアで大きく取り上げられたのは、1996年に放送された米トーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』で、2012年にはTLCの米リアリティ番組『アビー&ブリタニー』(8エピソード)に出演し、車を運転したり、ヨーロッパを旅する姿などを披露。当時22歳だった姉妹がミネソタ州のベテル大学で教育学を専攻して卒業し、小学校に教師として勤務する姿も紹介された。

姉妹は両親に「結合双生児であることを言いわけにしないこと」と言われて育ち、「自分たちがやりたいと思うことはどんなことでもできる」をモットーに突き進んできたそうで、2人の前向きな姿は多くの人を魅了した。

現在は小学5年生を担当しているという姉妹だが、当時のエピソードでは給料が1人分しか支給されていないこと、通勤に必要な運転免許はそれぞれがテストを受けなければならず、2つの免許証を持っていることを明かしていた。また同じタイミングで話をすることは多いものの、性格や好みは異なるそうで、