海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】英でも被害広がる「オレオレ詐欺」娘を装った相手に約100万円振込んだ母「完全に油断してた」

家族や友人のフリをしてターゲットを騙し、現金などを奪う詐欺事件が後を絶たない。イギリス在住のある女性は、メッセンジャーアプリ「WhatsApp」を使った詐欺メッセージに騙され約100万円を失った。困っている娘を助けようと振り込んだそのお金は、一生に一度の旅行に出かけるため貯金していたものだったという。『The Mirror』『The Sun』などが伝えた。

英ロンドン在住のテレサ・グリフィスさん(Teresa Griffiths、62)は、メッセンジャーアプリ「WhatsApp」で娘のルイーズ・スコットさん(Louise Scott、40)を装った詐欺師に6572ポンド(約101万円)を奪われた。

今年6月、請求書の支払いを忘れて困っていた娘を助けようとしたテレサさんは、それが詐欺だと気づかないままお金を振り込んでしまったという。

「Hi mum…」から始まったそのメッセージがルイーズさんからのものだと思い込んでいたと話すテレサさんは、こう振り返った。

「そのメッセージは娘本人が書くのと同じように『Hi mum』と始まって、携帯電話をトイレに落としたから新しい番号に変わったという連絡でした。そして当時、建築工事中だったルイーズが2780ポンド(約42万7000円)の請求を払い忘れてしまったと言うので私が払ったんです。振込先は娘の口座ではなかったけど、業者に直接支払いをしたと思っていました。今思うと本当にバカなことをしました。私は母親であり祖母でもあるので彼女たちを助けたいと思ったのです。でもこういった詐欺は、子供を助けたいと思う母親を標的にするんですよね。」

その後、詐欺師は再びテレサさんに「支払いを忘れた」とメッセージを送って3792ポンド(約58万3000円)を要求した。そしてその送り主が娘ではないことにまだ気づいておらず、

1 2