海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】就寝中にクモに噛まれ手を失いそうになった女性「今ではベッドで寝るのも怖い」(英)

通常であれば数日で治るはずの虫刺されだが、このほど寝ている間にクモに手を噛まれたというイギリスの女性は手術が必要なほどの感染症を起こした。医師からは、治療が少しでも遅れたら手を失う可能性もあったと告げられたという。『The Mirror』『The Sun』などが伝えた。

英オックスフォードシャーのサットン・コートネイに住むモーガン・カランさん(Morgan Curran、21)は、自宅のベッドで寝ている間にクモ(false widow spider)に手を噛まれた。

最初は単なる虫刺されだと思っていたが、日が経つにつれて右手が大きく腫れあがって痛み出し、中指の下の関節部分に直径3センチほどの黒いできものが現れたという。

モーガンさんは当時の状況をこのように振り返っている。

「目が覚めると手が痒くて痒くて。それを止めるために抗ヒスタミン剤を飲み、掻かないように絆創膏を貼っていました。でも徐々に手が黒くなり、腫れがひどくなったので薬剤師に診てもらいました。救急病院に行くべきと言われましたが、その夜はコンサートに行く予定があって。大丈夫だろうと思っていたんですがコンサート中も手が痛すぎて、思うように楽しむことができませんでした。」

「その後、かかりつけ医からもすぐに大きな病院に行くべきだと言われ、抗生物質の点滴を受けた後に手術が必要だと言われました。私は点滴が終わったら2週間分の抗生剤をもらって帰るものだとばかり思っていたので、とても驚きました。」

医師によるとモーガンさんは感染症を患っており、

1 2