海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発Breaking News】長年のパートナーと過ごしてきたカップル 結婚式の5日後に末期がんの妻が旅立つ(英)

長年パートナーとして一緒に過ごしてきた2人がついに結婚式の日を迎えた。イギリスに住むある男性は、末期がんと診断されたパートナーのために式の予定を早めたという。病院スタッフの協力のもと病室で結婚式が行われ、それからわずか5日後に彼女は息を引き取った。『The Mirror』などが伝えている。

英スタフォードシャー州チェドルトンで暮らすデビッド・リーダーさん(David Reader、54)は先日、18年来のパートナーであるアマンダ・リトルトンさん(Amanda Littleton、58)をがんで亡くした。

2003年に知り合い、翌年には一緒に暮らし始めたという2人は当初、今年の10月10日に結婚式を挙げる予定だったが、アマンダさんが末期がんと診断されたため式の日程を前倒ししたという。

アマンダさんの病気が発覚するまでの経緯をデビッドさんはこのように明かす。

「アマンダは昨年から家庭医(General Practitioner)に何かがおかしいと訴えていましたが、ホルモン剤を処方され続けていました。2月に入ってから彼女は咳が続き、吐くこともありました。最初に医師の診察を受けた時は胸の感染症と言われ、抗生物質を処方されました。」

「この7か月間、彼女は対面での診察を4回受けているにもかかわらず、どの医師も彼女ががんである可能性を指摘しませんでした。半年間で5ストーン(約32キロ)ほど体重が減ったと思います。そして7月末に血液検査とエコーをしてはじめて彼女の腎臓、腸、卵巣、胃粘膜にがんが見つかり、すでに末期の状態であると診断されました。」

アマンダさんが結婚式当日を迎えるのが難しいと判断した病院のスタッフは、

1 2