海外発!Breaking News

writer : tinsight-masumi

【海外発!Breaking News】湖で溺れそうになり犬に救われた子鹿、翌朝に母鹿を伴って会いに来る(米)<動画あり>

動物にも愛情や感謝の気持ちを持っているのではないかと思わせるような話題がアメリカから届いた。湖で溺れかけた子鹿を救った犬のもとに翌朝、子鹿が母鹿を伴って会いに来たという。『People.com』などが伝えている。

米バージニア州カルペパー郡に住むラルフ・ドーンさん(Ralph Dorn、62)が、このほどFacebookに投稿した写真が多くの注目を集めている。写真にはラルフさんが飼っているゴールデン・レトリバーとプードルのミックス犬「ゴールデンドゥードル」の“ハーレー(Harley、6)”が、湖で溺れそうになっている子鹿を助けようとする姿が捉えられていた。

ラルフさんは今月2日の夕方、ハーレーと一緒に散歩に出て自宅近くにある湖を眺めていたそうだ。すると岸から200フィート(約61メートル)離れた沖合に、生後数日ほどと見られる子鹿がいることに気づいた。子鹿は必死に泳いでいるものの首まで水に浸かり、今にも溺れそうな状態だった。

これに気づいたハーレーは即座に湖に飛び込み、子鹿のもとに向かっていった。ハーレーはまるで岸に子鹿を誘導するかのようにそばを離れず、一緒に泳ぎ始めた。そして岸の手前までくると、ハーレーは子鹿を後ろから押し上げて無事に救出した。

その後もハーレーは、心配そうに子鹿の体を舐めてあげるなどして離れようとしなかった。その時、ラルフさんが近くに母鹿がいることに気づきハーレーを連れて子鹿から遠ざかると、安心した母鹿は子鹿を連れてその場を離れていったそうだ。

岸に辿り着いた子鹿を愛おしそうに舐めるハーレー(画像は『Ralph Dorn 2021年6月2日付Facebook「I couldn’t find Harley this evening until I looked out on the lake.」』のスクリーンショット)

ただハッピーエンドはこれだけではなかった。ラルフさんが翌朝、