エンタがビタミン

writer : sekihara

【エンタがビタミン♪】浜田雅功と「お近づきになりたい」後輩たち 千鳥ノブ、5回声かけるも実現せず EXIT兼近「俺を可愛がらないのはおかしい」

1990年頃から長年第一線で活躍を続けるダウンタウン(浜田雅功・松本人志)は、冠番組を持ちながらそれぞれピンでも個性を放ち、後輩芸人の憧れの存在のようだ。2人の番組を観てお笑いが好きになった若手芸人も珍しくないだろうが、松本人志に比べて浜田雅功とはなかなかプライベートで交流できないらしい。千鳥のノブはこれまで5回も浜田にアプローチしているが、まだ誘ってもらえずに嘆き、EXITの兼近大樹も「俺が一番かわいがって欲しい芸能人は浜田さん」と親密な関係になることを望んでいる。

16日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ)は「絶好調男、集結!!」として千鳥(大悟、ノブ)、EXIT(りんたろー。、兼近大樹)、山下健二郎ELLY(三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が登場した。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのEXITシンガーソングライターの大黒摩季とEXIT2人のLINEグループがあるなど、それぞれ交流のある芸能人の話題になったが、兼近大樹が「俺が一番可愛がって欲しい芸能人は浜田さん」と言い出した。「(浜田雅功と)一度もごはん行っていない」と残念がる兼近は、浜田との共通点を4つ挙げた。同じ吉本興業の芸人であり、浜田と兼近は誕生日が同じ5月11日、浜田の息子で「OKAMOTO’S」のベーシスト、ハマ・オカモトと兼近は同じ1991年生まれ、そして2人とも父親がペンキ屋であると力説する兼近は「こんな共通点あってよく可愛がらずにいられるな」「俺を可愛がらないのはおかしい」と首をかしげる。

そこに千鳥のノブも加わった。「浜田さんとお近づきになりたい」と熱望するノブが番組共演時に「メシとか、もし良かったらお願いします」とお願いすると、