エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】浜崎あゆみ、野村義男との2ショットで意味深ツイート「幸せを選べないんなら…意味ない」

15周年を迎えたライブイベント・a-nationで大トリを務めたばかりの浜崎あゆみが、ツイッターにステージでギタリスト・野村義男に泣きつくような場面を投稿した。なかなか見られないショットだが、フォロワーの多くはそれよりも彼女の意味深ツイートに興味津々のようだ。

8月27日と28日に行われたエイベックス夏の一大イベント・a‐nation stadium fes.2016の最終日、ドシャ降りのなか15周年のステージを締めくくったのは15年連続出演となる浜崎あゆみだった。大役を果たした彼女はそれからほどない30日、夜の1時すぎに『ayumi hamasaki(ayu_19980408)ツイッター』で「幸せを選べないんなら、どんな成功も名誉も財産も、なんの意味もないって」とつぶやいた。

実は彼女、8月17日に「新曲完成っ…やっと安心して眠れる」と明かしている。その作品のイメージが頭に溢れているのかその後も「正直、心折れた瞬間もあった。でも辿り着いたそこには言葉を失う景色が広がっていて、ふいに出た涙を必死に隠した…」「もしかしたら幸せなんてほんのひと握りしかなくて、そのほどんどは辛いとかって感じる事ばかりかも」(原文ママ)といった胸のうちを吐露するようなつぶやきが多い。

今回のツイートもその流れと思われるが、投稿にある野村義男との姿に重ねるとどこかスキャンダラスだ。ただ、「この時のよっちゃんがすごく優しいなっておもった!」「久しぶりに見た。あゆちゃんとよっちゃんの2ショット貫禄あるね」という関心よりも「あゆ、大丈夫!?」「本音なら怖すぎる」と彼女の言葉が気になるフォロワーが多く、新曲のヒントかという憶測も飛んでいる。

1980年代前半にたのきんトリオとして活躍したヨッちゃんだが、当時を知らない人も増えている。今ではあゆのバンドのギタリストとして活躍しておりこのようなツーショットも違和感はないのだろう。

出典:https://twitter.com/ayu_19980408
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)