海外発!Breaking News

writer : ac

【海外発!Breaking News】「世界最小のウエスト」目指し肋骨4本切除の女性、出産後7週間で脅威の復活(米)

世界最小のウエストを手に入れるため、2年前に肋骨を4本切除した30代の女性が出産した。女性は産後7週間で10キロ以上の減量に成功し、フォロワーが23万人超のインスタグラムにその豊満なボディとくびれたウエストを披露したが、その投稿が物議を醸しているようだ。『Fox News』『The Sun』などが伝えている。

ドイツ生まれの自称DJで、リアリティスターとしてテレビにも出演するソフィア・ヴェガスさん(31)は2017年、究極の体型を夢見て肋骨を4本削除した。手術後のウエストは約47センチ(18.5インチ)で、彼女が目指すのは世界最小のウエストと、メリハリのある豊満なボディである。ソフィアさんはこれまでにも豊胸、豊尻手術はもちろんのこと、鼻の整形手術も数回にわたり受けてきた。

2017年に7年間連れ添った夫と離婚したソフィアさんは現在、米ロサンゼルスをベースに活動している。交際して1年になるパートナーはアメリカ人のビジネスマンで、今年2月6日には元気な女の子が誕生した。

インスタグラムでは3人の仲睦まじい姿を垣間見ることができるが、ソフィアさんは出産から約1か月後にはメキシコのリゾート地でお得意の水着姿を披露しており、その姿はまるで雑誌のグラビアと見間違うほどだ。

そして出産から約7週間後、