イタすぎるセレブ達

writer : kohara

【イタすぎるセレブ達】ブリトニー・スピアーズ、1400万円超を寄付。がんと闘う子供達のために。

大変な資産家でありながら、意外なほどケチと言われてきたブリトニー・スピアーズ。彼女がこのほどがんを患う子供達を支援する団体に、多額の寄付金を贈呈した。

莫大なギャラを稼ぎ、すでに純資産の額は200億円を軽く突破しているとされるブリトニー・スピアーズ。それなのに海外では超激安店での買い物を楽しみ、レストランで食事をしてもチップさえ払わず出ていくことも。しかしネバダ州の団体「Nevada Childhood Cancer Foundation」の活動には心を動かされ、多額の寄付金を贈り喜ばせた。

同団体は、がんと診断された子供達と家族をサポートすべく活動を展開中。様々なサポートやプログラムの提供で知られるこの団体に、ブリトニーは12万ドル、日本円にして約1440万円を贈呈した。ちなみにこのお金は、ブリトニーが米ラスベガスで行う定期公演で集めたもの。ファンが購入するチケット代金から1ドルずつ寄付金にあてたといい、それが多額になったことから団体に贈呈したという。

「この団体とパートナーになれて、とてもハッピーよ。団体の素晴らしい目的を知ってもらうのは、本当に楽しいことだわ。」
「団体の目的は、重病の子供達の生活の質を向上すること。多くのご家族のため、素晴らしい活動を展開してきたの。」

そう明かしたブリトニーは「ラスベガスのコミュニティに素晴らしい影響をもたらしている」と同団体を褒め、“第2の故郷”ラスベガスは同団体のおかげでより良い場所になったとも喜んでいる。

※画像は、facebook.com/britneyspearsのスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)