エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】ムーディ勝山が『東京ピグ時空駅』イベントに登場。新曲を披露して一日駅長・菊地亜美を喜ばせる。

「アメーバピグ」が「東京駅」とコラボして『東京ピグ時空駅』をオープンした。3月26日にはそれを記念してアイドリング!!!の菊地亜美が一日駅長に就任。『東京ピグ時空駅』の最初の利用者として登場したお笑いタレントのムーディ勝山も新曲を披露してイベントを盛り上げた。さらに彼は会見で菊地亜美に“芸能界で活躍するための秘訣”を伝授している。

Amebaのアバターコミュニティサービス「アメーバピグ」5周年と「東京駅」100周年のダブルアニバーサリーで『東京ピグ時空駅』が登場した。3月26日(水)には一日駅長に菊地亜美が就任して、『東京ピグ時空駅』と実在の「東京駅」を結ぶ時空列車の開通イベントが都内・アメーバスタジオで行われた。

最初の利用者として登場したのはムーディ勝山だった。彼は「東京駅」にちなんだ新曲を披露すると「時空列車に乗って2007年からやってまいりました!」とあいさつしたが、菊地からは「学生の頃に見てました! 懐かしい!」と率直な感想を言われてしまう。

また、イベント後の会見で菊地亜美が「30歳になったらMCになりたいんです!」と野望を明かすと、ムーディ勝山が「一発屋にならないための秘訣」を伝授すると言い出した。

彼は芸能界で長く活躍するには“3の秘訣”があるという。「マネージャーにタメ口をきかない」「ADさんをやさしくいたわる」「ロケのお弁当は持って帰る」の3点を伝えると、菊地はそのうち2つは実践しているが「ロケ弁は持って帰ってなかった…これから持ち帰るようにします!」と大きくうなずいた。

この日のイベントでは東京駅グランスタで行っている3Dプリンターで作った3Dフィギュアが当たるキャンペーンが紹介され、駅長姿の菊地亜美そっくりなピグ3Dフィギュアが彼女に贈られた。

菊地亜美は「私、絵になるとになることが多いんですが、これは超かわいい! 最近変えた髪型もリアルに再現されていて嬉しい!」とフィギュアを手に満面の笑顔を見せていた。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)