海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】滑走路で飛行機と消防車が衝突 事故直後にセルフィーを投稿した乗客夫婦が物議(ペルー)<動画あり>

ペルーの首都リマにあるホルヘ・チャベス国際空港で今月18日、訓練中の消防車と離陸体制に入った飛行機が衝突し、消防士2名が亡くなる事故が発生した。飛行機の乗員・乗客に死者は出なかったが、ある夫婦が事故直後の機体の前で自撮りし、その写真をSNSに投稿したことで物議を醸している。『UNILAD』『BBC』などが伝えた。

ペルーの首都リマに位置し、主要空港として機能するホルヘ・チャベス国際空港で現地時間18日午後3時半、離陸中のラタム航空LA2213便(エアバスA320neo)と訓練中の消防車が滑走路で衝突する事故が発生した。
衝突の瞬間を捉えた動画では、離陸に向けてスピードを上げるLA2213便の機体の前方に入り込んだ数台のトラックが確認できる。

飛行機の存在に気付いたのか、先頭を走っていたトラックは旋回して滑走路から離れようとするが間に合わず、トラックの左側と飛行機が接触してしまった。

そしてLA2213便の機体後部からは炎と煙が上がり、黒い煙が機体を包み始めた。同機はその後、ゆっくりと滑走路上で停止し、その前方からは消火および救助のために緊急車両が駆けつけていた。

機体からはなおも黒煙が上がり続けていたが、迅速な消火および救出活動により飛行機の乗員・乗客らに死者は出なかった。ペルー保健省によると20人の乗客が治療を受け、そのうち2人は重傷だという。

同機の乗客だったエンリケ・ヴァルシ・ロスピリオーシさん(Enrique Varsi-Rospigliosi)と妻は恐ろしい体験の直後にセルフィーを撮影、現地時間19日に「人生があなたに二度目のチャンスを与える時」と言葉を添えてTwitterに投稿し、無事生還できた喜びと安堵を伝えた。

写真は消火剤で白く染まった事故機を背景に、ほっとしたような笑顔を浮かべるエンリケさん夫婦が写っており、

1 2