海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】末期がんと診断された86歳男性、病院スタッフの計らいで40年連れ添ったパートナーと結婚(英)

このほどイギリスで、40年間パートナーとして連れ添ったカップルの結婚式が病院で執り行われた。末期がんで余命わずかと診断された男性と脳卒中による後遺症で治療中の女性のため、病院スタッフが一丸となって思い出に残る素敵な結婚式を演出したという。『BBC News』『The Mirror』などが伝えている。

英ダービーシャー州マックワースで暮らすキース・ターナーさん(Keith Turner、86)とパートナーのリタ・トリケットさん(Rita Trickett、83)は11月22日、キースさんが入院するロイヤル・ダービー病院(Royal Derby Hospital)で結婚式を挙げた。

40年間パートナーとして一緒に暮らしている2人だが、キースさんの病状が悪化して余命わずかであることが判明したため結婚を決意したという。キースさんはがんの一種である中皮腫と診断されており、またリタさんも脳卒中の後遺症のため同じ病院で治療を受けていたそうだ。

キースさんはリタさんとの関係についてこのように明かしている。

「私たちは1969年に赤十字社の仕事を通じて知り合いました。リタは当時、執行役員のひとりで私の妻の親友だったのです。妻ががんで亡くなった時に彼女は私の世話をしてくれて、それ以来ずっと一緒にいることになりました。でも結婚することは頭になかったですね。私は世間体をあまり気にしなかったし、私たちは2人とも独立していましたから。でも病状が悪化してしまい、そろそろ彼女に結婚を申し込むべきだと思って。それで彼女はイエスと言ってくれたのです。」

そして11月22日、

1 2