海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】女の幽霊が出ると噂のパブで監視カメラが捉えた「勝手に椅子が動いた瞬間」(英)<動画あり>

防犯対策やトラブルが発生した時のために設置されている監視カメラ。様々な人々が出入りする飲食店でも必須の設備だろう。このほど女の幽霊が出ると噂のイギリスのあるパブに設置してしたCCTV(監視カメラ)が、何とも不気味な映像を捉えた。『The Sun US』『The Mirror』などが伝えている。

今年7月26日の午後7時半頃、英カーディフにある「ランズドーンパブ(The Lansdowne Pub)」で働くヘイリー・バッドさん(Hayley Budd、33)は休憩中、自分しかいないはずの部屋で突然椅子が動く音を聞いた。CCTV(監視カメラ)をチェックすると“椅子が勝手に動く瞬間”が映っており、ヘイリーさんの斜め前の位置にある椅子がテーブルの下に入り込み、次の瞬間ヘイリーさんが携帯電話から顔を上げたところがはっきりと捉えられていた。

ヘイリーさんはその時の様子をこう振り返っている。

「私はずっと携帯電話を見ていて、視界の隅に椅子がありました。音が聞こえたのでお客さんに何か見ていないか聞くと、彼らも何か音が聞こえたと言いました。私はバッグの中の何かが動いたのではないか、または風のせいかもしれないと自分に言い聞かせようとしました。しかし何度再現しても、論理的な説明はつきません。気のせいだったのではないかと確認するためにCCTVをチェックすることにしました。すると椅子が勝手に動いているのを発見したのです。」

続けて「仕事を放り出して逃げるほどの怖さではないですが、こんなことが起きるなんてとてもショックでした。でも怯えるほどではないので、今でも休憩の時はあのテーブルに座っています」と語った。

ランズドーンパブで8年働いているというヘイリーさんは、

1 2