イタすぎるセレブ達

writer : tinsight-c-emma

【イタすぎるセレブ達】ジャスティン・ビーバー、元恋人セレーナ・ゴメスについて「愛している。でも僕の妻はヘイリー」

妻ヘイリー・ボールドウィンを心ない誹謗中傷の言葉から守るため、ジャスティン・ビーバーがついに重い口を開いた。このほど「ヘイリーとの結婚はセレーナへの復讐のため」などと書き込んだファンに対してジャスティン本人が返答し、「セレーナのことは愛している。でも僕の妻はヘイリーだ」ときっぱり伝えたのだ。

ジャスティン・ビーバーの妻ヘイリー・ボールドウィンは先日、『コスモポリタン』誌のインタビューでファンの心ない行動にフラストレーションを抱えていると明かしたばかり。

長い間、夫の“本命”と噂されていた元恋人セレーナ・ゴメスは、“ジェレーナ”(Jelena:JustinとSelenaを掛け合わせた造語)の愛称で親しまれ、2人がいつか結ばれることを望むファンも多かった。そのため昨年、セレーナが体調を崩して入院した際にはセレーナのファンが「入院はヘイリーのせい」「ジャスティンがヘイリーと結婚したことでセレーナは心を病んでしまった」と辛辣なコメントを書き込んでいたのだ。

しかしジャスティンとヘイリーの結婚生活は順調で、心の病と闘っていることを公表しつつもジャスティンは献身的に支えてくれる新妻ヘイリーの存在を大切に想っていると明かしてきた。Instagramでも度々ヘイリーの画像をアップし、ラブラブぶりを見せつけている。現地時間25日にはベッドの上で白のタンクトップにショーツ姿でポーズを決めるヘイリーの画像をアップし、350万超の「いいね!」を獲得している。

しかし中には引き続きヘイリーとの結婚や彼女の外見についてネガティブなコメントを残すユーザーも多く、この日も批判的な書き込みが多数見受けられた。普段ならこれらを黙って見過ごすジャスティンだが、