エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】ソフトバンク甲斐拓也“甲斐キャノン”の秘密は競輪選手より太い脚にあり 「達川さんのおかげで今の自分がいる」とも

福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手が11月18日、福岡県ローカルの情報番組『サンデーウォッチ』(RKB毎日放送)で“スポーツウォッチ”のコーナーに生出演した。この日は、福岡ダイエーホークスでも活躍した元プロ野球選手のRKB野球解説者・浜名千広さんが甲斐選手について熱く語っている。

まずは甲斐選手の一番良いところを「ピッチャーを思う気持ち」だと挙げる浜名さん。ベンチでも投手に声をかける姿が多く見られ、「どうしたら気持ちよく投げさせることができるのか」常に考えて気遣う姿勢が素晴らしいという。

そして甲斐選手と言えば『日本シリーズ2018』で一躍話題となり、一時はヤフー検索ランキングで1位になった“甲斐キャノン”だろう。

浜名さんは「速くて強くて正確に投げられるスローイングが“甲斐キャノン”を生むのであり、下半身、脚の力をうまく上半身に伝える動き方をしているからこそできること」だと解説して、「球場で見るたびに脚が太くなっている」と証言する。

そこでRKB佐藤巧アナウンサーがメジャーを持ち出し、「実測させてもらえますか」と甲斐選手に頼んで太ももを測ったところ「65cm」だった。

佐藤アナが調べたところ、競輪選手のトッププロで平均が「62.6cm」という。甲斐選手も「思った以上に大きくてびっくりしました」と改めて脚の太さを実感していた。太もも「65cm」、靴のサイズ「27.5cm」に比べ、