海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】10か月の娘と産休中の母親、ハイイログマに襲われ死亡(カナダ)

アウトドアが大好きだったカップルに悲劇が襲った。カナダの人里離れた森の中で産休中にキャビン生活を送っていた母親と生後10か月の女児が、クマに襲われて死亡した。2人の遺体を発見したのは出先から戻ってきたパートナーだったという。『CBC.ca』『PEOPLE.com』『Mirror』などが伝えている。

カナダのユーコン準州に暮らすバレリー・セオレさん(37歳)と娘のアデルちゃん(10か月)は11月26日、滞在先のキャビンでハイイログマに襲われ死亡した。

ケベック州出身で、ユーコン準州にあるホワイトホース小学校にてフランス語イマージョン教育(フランス語で全ての通常教科、又は一部を教える教育)の教師をしていたバレリーさんは、産休を利用して3か月間、娘の父親でもあるパートナーのジェルムンド・ローズホルトさんと一緒に、ユーコン準州とノースウエスト準州のちょうど境界線に位置するエイナーソン湖の近くのキャビンでアウトドア生活を送っていた。

26日、キャビンを空けていたジェルムンドさんが午後3時前に戻ってくると、キャビンから100メートルほど離れた場所で突然ハイイログマが襲いかかってきたため、ジェルムンドさんはすぐにクマを銃で撃ち殺した。キャビンのすぐ外に変わり果てた2人の姿を発見したジェルムンドさんは、緊急事態の時に使う発信機を使って助けを求め、ユーコン準州メーオーの王立カナダ騎馬警察(RCMP)が駆けつけた。後に行われた検死の結果では、