海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】「息子が命の危機」で欠勤を伝えた母親 非情な対応をした上司がクビに(米)

突然の病を患い生命維持装置を施された我が子。「容態が安定するまではそばにいてあげたい」と母親は職場にしばらく欠勤する旨を伝えるも、女性マネージャーはあまりにも非情な対応をした。危うく解雇されそうになった母親だが、雇用会社に訴えたことによりこのマネージャーは解雇され、母親は難を逃れた。『WWMT』『The Independent』『Mirror』などが伝えている。

米ミシガン州アルビオンに住むクリスタル・レイノルズ=フィッシャーさんの息子ジェイソンさん(18歳)は、6月28日に40度の高熱を出して急に具合が悪くなり同州マーシャルのオークロー病院へ向かった。同日夜にはアナーバーにあるミシガン大学のC.S. Mott Children’s Hospital(C.S.モット小児病院)へと緊急搬送された。

搬送先の病院で、母親のクリスタルさんはジェイソンさんと一緒に治療室に入ることを許されず、しばらくの間は息子に何が起こっているのか、容態がどうなのかということを一切知らされなかったために心配と不安が一気に溢れパニック状態に陥った。後に医師から、ジェイソンさんは細菌感染により敗血症になっていることや生命維持装置を施されたことを聞き、クリスタルさんは息子の容態が安定するまではそばにいてあげようと思い、娘に自分の勤務先であるFolk Oil(フォーク・オイル)社経営の「PS Food Mart(PSフードマート)」に連絡するように頼んだ。

するとアルビオン店の女性マネージャーは、電話で状況を説明したクリスタルさんの娘に「母親から直接連絡してもらうように」と冷たく言い放った。そこでクリスタルさんがスマホでメッセージを送ったところ、同情のかけらもない対応をされたのである。クリスタルさんが6月30日、このやり取りを自身のFacebookに投稿するとたちまち拡散した。

「ドーン、クリスタルです。息子の容態が安定しておらず、生命維持装置をつけています。落ち着くまで仕事には出られません。息子の具合が良くなればまた連絡します。」

このメッセージに、