【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【イタすぎるセレブ達】セレーナ・ゴメス、難病治療で「化学療法を受けた」と告白。

2015年10月09日 14:25 by ケイ小原

自己免疫疾患の一種であるループスと診断された歌姫セレーナ・ゴメス(23)が、2013年に化学療法を受けたと明かした。

2013年の一時期、仕事を休むなどして話題になったセレーナ・ゴメス。オーストラリアなどへのツアーもキャンセルしファンを心配させたが、本人は「もう何年もの間、仕事を最優先させてきました。でもベストの自分になるにはしばらく1人で時間を過ごす必要がある…それが自分にも関係者にもハッキリと分かったのです」と発表。「今が一番ハッピー」などとインスタグラムにも綴っていたが、実は密かに化学療法を受けていたという。

このほど『ビルボード』誌のインタビューを受けたセレーナは、このように話している。

「ループス(全身性エリテマトーデス)と診断され、化学療法を受けたの。休んでいたのはそのせいよ。」

しかし当時、全米メディアは「セレーナは依存症なのではないか」との憶測を報道。連日のようにタブロイド紙がセレーナのネタを取り上げるほど報道が過熱したが、それを振り返りセレーナはこう語っている。

「私は誰にでも親切にしているのに、みんな私を酷く扱うの。私は7歳から働いていて、17歳からユニセフの大使を務めているわ。自分がタブロイド紙のネタになるなんて、本当にガッカリよ。」

ちなみにこの病気にかかると、関節痛や関節の腫れ、筋肉痛や発熱、胸部の痛みや脱毛といった多くの症状が出るとのこと。アメリカ国立衛生研究所によると米国では24万人がこの病気と診断されており、患者は主に若い女性だという。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)


もっと読みたい:セレーナ・ゴメス

こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

セレーナ・ゴメス

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR