エンタがビタミン

writer : sekihara

【エンタがビタミン♪】綾野剛「本当に!?」と動揺。光宗薫の待ち受け写真になっていた。

22日、都内劇場で映画『ピース オブ ケイク』完成披露プレミア上映会が開催され、主人公・志乃役の多部未華子をはじめ、綾野剛、松坂桃李、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑、峯田和伸という豪華俳優陣と田口トモロヲ監督が登壇。ここで綾野は光宗から意外な役作り法を明かされて仰天、動揺する場面があった。

映画『ピース オブ ケイク』は、ジョージ朝倉氏の人気恋愛コミックが原作のラブストーリー。梅宮志乃が好きになる菅原京志郎を綾野剛が演じるが、京志郎には同棲中の彼女がいる。その恋人・成田あかりを演じるのが光宗薫だ。

光宗は自身の役作りについて、「(京志郎と)一緒に住んでいるという役になっていたので、顔を見慣れているんだろうなと思っていたので、撮影の間ずっとケータイの待ち受けを、綾野さん(の写真)にしていました」と告白。これに「本当に!?」と仰天したのが、待ち受けにされた本人・綾野剛だ。「京志郎はヒゲを生やしていて柔らかい感じなんですけど、綾野さんは眼光鋭い画像が多くて」と写真選びに苦労したようだ。

綾野は「えー、ちょっと、びっくり。それって誰かに見られてそういう関係だと思われたらどうするの?」「嬉しいですよ。すごいうれしいですよ。立場上ご迷惑をかけるんじゃないかなとそれが心配ですが、いやー、びっくりですね」と驚きと嬉しさでいっぱいに。急にコンコンと咳き込むなどかなりの動揺ぶりをうかがわせた。「いやあ、いろんなアプローチがあるんだな」と光宗の役作り法にも感心していた。

そこで綾野は自身の役とラブストーリーを展開する多部の写真を待ち受けにしておけば良かったと後悔。「(映画公開)初日までやっておきましょうか」と綾野が提案すると「そうだよね」と多部は軽くあっさり返した。

多部未華子の写真を待ち受けにしておけば良かった?

その後、共演男性陣の中でどのキャラクターが好みか聞かれた多部は、柄本佑演じる正樹と菅田将暉演じる川谷をチョイス。大喜びをする2人に対して、綾野は「ちょっとでも(自分が選ばれると思って)構えた自分が悲しいですよ。(多部を)待ち受けにしなかった罰でしょうか」と肩を落としていた。

映画『ピース オブ ケイク』完成披露プレミア上映会にて

映画『ピース オブ ケイク』は9月5日(土)新宿バルト9ほか、全国ロードショー。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)