【エンタがビタミン♪】【イタすぎるセレブ達】毎日更新中!Techinsightは海外セレブ、国内エンタメの”オンリーワン”をお届けするニュースサイトです。
Techinsight

【エンタがビタミン♪】坂上忍がASKAを「バカ野郎!」と批判。Chage会見には「感じるところがあった」。

2014年05月20日 14:30 by 真紀和泉

俳優の坂上忍がMCを務める月曜『バイキング』で、覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されたASKA容疑者の件について「バカ野郎」とコメントした。また、レギュラーのいとうまい子が以前、ASKAから曲を書いてもらったことを明かして「やさしくて、いい方」と惜しむと、坂上は「それでも批判すべきだ」と主張した。

5月19日に生放送された月曜『バイキング』で、17日に覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された男性デュオ『CHAGE and ASKA』のASKA容疑者(56)の話題を取り上げた。

意見を求められた坂上忍は、俳優と歌手とはいえ同業者だけに擁護する言葉もあるのだろうが、そうした方向には反対だと考えを示す。その上で「ASKAさんは年上で先輩だが、簡単に言うと『バカ野郎』だよね」と批判した。「『バカ野郎』の言葉が適切かどうかは分からないが、やってはいけないことをやったのだから。周りのスタッフやファンのことを考えると…」とその言葉を選んだという。

レギュラーのIKKOが「なぜ、そこに陥っていったのか。環境を明確に知りたい。大スターがこういうことで自滅して欲しくないので、是非立ち直っていただきたい」と述べると、坂上は「立ち直る前に、やるべきことがある。つぐなわなければいけない」と補足した。

また、いとうまい子が「人は弱いところがある。どうしても辛い時に、何かのきっかけでこうなる可能性がいっぱいある」と悲しそうにすると、「弱いとはいっても、歌手にはこういうことに手を出さなくてもいい曲を書く人はいっぱいいる」と坂上。いとうも「だからこそ、ものすごく気をつけて頑張って生きていかないと…」と続けた。

実はそのいとうまい子、「私もよくこの方(ASKA)を知っていて。昔、曲を書いてもらったこともある」と言うではないか。意外な事実に、坂上をはじめスタジオ中が「え~っ!」と驚いた。

いとうまい子が1984年5月21日に出したアルバム『CALENDAR』に収録されている『夏の封印』は、売野雅勇が作詞、飛鳥涼が作曲した作品だ。

そのことも思い出されて、彼女が「すごいやさしくて、いい方なんですよ。だから逆目に出ちゃったみたい。つぐなって更生して欲しいです」と今回の件を惜しむと、坂上は「『やさしくて、いい方』というのは分かるが、こういうことがあった時は批判すべきだ」と指摘した。

坂上忍は、Chageが18日にファンクラブ限定のソロライブに出演した件についても触れた。「やめることもできたのに、Chageさんは中止せずにちゃんとやった。その後に会見を開き、脱帽して頭を下げた」とChageのとった行動を評価すると、「それを見て、僕は1人でやってるから感じるものがあった」と述べている。

報道では、Chageが以前からASKAの薬物使用を注意していたことが伝えられた。テレビニュースなどで聞かれる街の声では、ファンだったのでショックだという者も多い。それとともに「またCHAGE and ASKAで歌って欲しい」という期待も見受けられた。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)


もっと読みたい:坂上忍

こんな記事もおすすめ!

この記事を読んだ方におすすめです




もっと知りたい!

ASKA , いとうまい子 , 坂上忍

Pickup

新着ニュース




    セレブ独占禁止法!
    PR

    私はもう隠しません!!
    PR

    今すぐ癒しがほしいのよ!!
    PR