海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】プールで溺れて10分間心停止した7歳少女、命を救ってくれた恩人らと再会(豪)

オーストラリアでプールパーティーに参加していた7歳少女が、足を滑らせて溺れる事故が起きた。楽しいはずのパーティーが一転して命に関わる事態となったが、1人の保護者が心肺蘇生法を行ったおかげで一命を取りとめることができたという。『news.com.au』などが伝えている。

豪ブリスベン在住のリーナ・アリちゃん(Leenah Ali、7)は今年10月、友人の家で行われたパーティーに参加しプールで遊んでいたところ、突然足を滑らせて溺れてしまった。

当時のプールでは8人の子供が遊んでおり、常に監視されていたにもかかわらず一瞬のうちに沈んでいったリーナちゃんに、最初は誰も気づかなかったという。

そして心停止状態だったリーナちゃんを発見したある保護者が、救急隊員の指示のもと心肺蘇生法を行った結果、幸いにもリーナちゃんは一命を取りとめることができた。

心肺蘇生法を行ったジェイミー・マーティンさん(Jaime Martin)は、のちにこう振り返っている。

「救急車が来るまでの間、電話越しに『胸を強く速く30回押し続けたら、2回人工呼吸をしてください』と指示を受けて、その通りに実行しました。以前に心肺蘇生法の訓練を受けたことがあったので、条件反射ですぐに対応できたのだと思います。脈がないと分かればすぐに心臓マッサージを開始する―基本的にそれだけのことで、他のことを考える余裕はありませんでした。」

要請があってから7分後に現場に到着した救急隊員がさらに心肺蘇生を続け、酸素が脳に届くようにチューブを取りつけた。そして心停止から10分後にリーナちゃんの心拍が再開し、鎮静剤が投与された後に病院へ搬送された。

その後も人工呼吸器が装着されたまま意識不明の状態が続いていたリーナちゃんだったが、

1 2