海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】掃除せずにはいられない強迫性障害の15歳少年 洗車業でセレブご用達の人気ビジネスに!(英)

暇さえあれば家中を掃除していたという15歳の少年は、2年前に強迫性障害と診断された。少年が“極度の掃除好き”を売りに車の清掃ビジネスを始めたところ、現在では英国のセレブたちもご用達の人気ビジネスに発展しているという。『The Mirror』『Manchester Evening News』などが紹介し、話題を呼んでいる。

英グレートマンチェスター、サルフォードのワースリーに住む15歳のジカイア・ディチェット君(Zykiah Ditchett)は13歳の時、強迫性障害(OCD)と診断された。

強迫性障害とは、自分の意思に反してある考えが頭に浮かんで離れず(強迫観念)、その不安を振り払おうと何度も同じ行動を繰り返してしまうこと(強迫行為)で日常生活にも影響を及ぼす状態を指す。ジカイア君の場合はそれが掃除であった。

強迫性障害と診断された後、母親のジョー・ディチェットさん(Jo Ditchett、45)は「息子が少しでも外に出る機会になれば」とクリスマスプレゼントに車の洗車用キットを贈った。最初は車1台につき5ポンド(約770円)で親戚の車を掃除していたジカイア君だったが、そのうち「近所の車も掃除していい?」と母親に尋ねてきたという。

そんな息子の要望に応え、ジョーさんはFacebookの地元のコミュニティグループに「息子は大の洗車好き」「もし洗車して欲しい人がいたら、家の前に車を停めておいて」と投稿した。

すると1時間後には十数人がジカイア君のためにと駆けつけ、閑静な住宅地の道路に長い車の列ができたという。

ジョーさんは当時の様子をこのように語っている。

「車の列は家の前から道の端まで続き、隣の通りにまで及んでいました。」
「皆がジカイア(とその試みを)を支えようと、駆けつけてくれたのです。」
「息子はよくやったそうで、皆から『またやってほしい』と頼まれました。」
「息子は5ポンド(約770円)で洗車を引き受けていましたが、皆は息子に10ポンド(約1530円)を渡してくれました。」

このジカイア君の“掃除へのこだわり”を上手く使ったアイデアと、

1 2