海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】捜索救助犬の資格を得て7時間半後、行方不明者を見事発見したボーダーコリー(英)

鋭い嗅覚を武器に行方不明者の捜索にあたる救助犬の活躍ぶりは、ニュースなどで目にすることがあるだろう。このほどイギリスで、捜索救助犬として採用されたボーダーコリーが資格を取得してわずか7時間半後に行方不明者を発見し、ヒーロー犬として称えられた。『The Mirror』が伝えている。

捜索救助犬の資格を得たボーダーコリーの“オリー(Ollie)”は9月20日、地元警察からの緊急事態に対応し行方不明者や遭難者の捜索・救助活動を支援するチーム「ローランドレスキュー(Lowland Rescue)」の一員となった。

そしてチームに加わってからわずか7時間半後、オリーはほかの4頭の犬とともに行方不明者の捜索に成功したという。

オリーが所属する「サーチドッグサセックス(Search Dogs Sussex)」のTwitterでは「火曜日の満月にあわせて、ルーシーと彼女の愛犬オリーがローランドレスキューの審査に合格し、レベル2の捜索チームとして活動できるようになりました!」と、オリーと飼い主でトレーナーのルーシー・ブラウンリグさん(Lucy Brownrigg、35)を正式にチームに迎え入れたことを報告したばかりだった。

それから数時間後、オリーのTwitterアカウントからは「資格を得てから7時間半後、サセックス捜索救助隊、サセックス警察と一緒にルイスで最初のコールアウトを受けました。幸い行方不明者は無事に発見され、良い結果となりました」と投稿された。

ルーシーさんはわずか数時間後に起こった出来事に対し、

1 2