海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】「10代の子供にすぐさま部屋を掃除させる裏技」母の奇策「必要なのは玄米のみ」

思春期や反抗期に入った10代の子供を持つ親の悩みは尽きないものだ。一向に部屋の掃除をしない18歳の息子に悩んでいた母親が自らの成功体験をFacebookで共有すると、母親たちから多くの反響を呼んだという。『The Sun』『Grown and Flown』などが伝えた。

15歳から25歳の子供を持つ親を対象に子育ての情報共有や相談などを交わすFacebookコミュニティーグループ「Grown and Flown Parents Group」で4月27日、「10代の子供がすぐさま部屋を掃除し始める裏技」が紹介され、多くの母親が関心を寄せた。

投稿したのは18歳の息子と下に娘がいるケリー・マダロンさん(Keri Maddalone)だ。ケリーさんによると、息子とは部屋の掃除を巡ってこれまでに何度も口論になっていたという。

そんなケリーさん、ある日インターネットにて同じ悩みを抱えていた母親の興味深いアイデアを目にして自身も息子に試してみることにした。必要なのは少量の“黒い玄米”のみという非常にシンプルな方法だが、ケリーさんの息子には抜群の効果があったそうで、すぐさま部屋をピカピカに磨き上げたそうだ。

ケリーさんはこのアイデアを目にした「Grown and Flown Parents Group」にて、成功体験とともに最初の発案者に対して以下のように感謝の言葉を綴った。

「ネズミと玄米について投稿してくださった方、どなたか知りませんが本当にありがとうございました。」
「今週、家の塗り替えを行ったんですが、18歳の息子の部屋(の汚さ)に私は心底うんざりしていたんです。」
「ひどいことかもしれませんが、私は息子に『塗装の人があなたの部屋でネズミを見たと吐き捨てて行ったわ。糞も落ちているそうよ』とメッセージを送ったんです。」
「家に帰ってきた息子は気色悪いと怒りながら、4時間かけて部屋を掃除しました。」
「そして、息子は『本当にごめんよ、母さん。糞のあった場所をモップがけして、ネズミを見つけ出すよ』と返信してきたんです。」
「それに、次に“ネズミ”が自分の部屋へと移動してくることを恐れた下の娘は、今も部屋の掃除の真っ最中です。」
「これがその写真です。“ネズミの糞(に見える玄米)”を息子の作業靴から落ちた砂や、部屋の隅、クローゼットなんかに置いておきました。私は地獄に落ちることでしょう。」

ケリーさんが添付した写真には、

1 2