海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】20年前に行方不明になった猫が見つかる 最期は飼い主の愛情を受けて天国へ(英)

このほどイギリスで20年間行方不明だった猫が見つかり、飼い主と奇跡の再会を果たした。発見された猫は瀕死の状態だったが、最期の時間を愛する飼い主のそばで穏やかに過ごしたという。『BBC』『Metro』などが伝えている。

英チェシャー州ナントウィッチに住むクリスティンさん(Christine、59)宅から2歳の飼い猫“フィービー(Phoebe)”が姿を消したのは、2001年ことだった。

クリスティンさんは隣近所を訪ね回ったり、チラシを掲示したりとあの手この手でフィービーの姿を追ったが、有力な手掛かりは得られず「フィービーが戻ってくることはもうないのだろう」と諦めるしかなかった。

そんなクリスティンさんのもとに今月5日、英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)から驚きの一報が届いた。

なんと20年間行方不明だったフィービーが、自宅から11kmほど離れた同州ブリッジメアの野原にて保護されたというのである。

濡れて冷え切った身体でかなり衰弱していたというフィービーは、発見者の女性によって英国王立動物虐待防止協会のステープリーグランジ動物センターに運ばれた。

同センターがフィービーに埋め込まれていたマイクロチップを確認すると、飼い主のクリスティンさんのもとから20年間も行方不明だったことに加え、この猫は同センターから里子に出されていたこと、そして22歳というかなりの高齢であることなど驚きの事実が明らかとなった。

フィービーが見つかったという連絡を受けたクリスティンさんは、当時の心境をこのように語っている。

「獣医はフィービーが20年間を野良猫として生きていたとは考えられないと言います。」

「フィービーはいつも家の近くで過ごし、遠くに足を運ぶことはありませんでした。私たちはフィービーが何者かにさらわれた後にペットとして飼われ、どういうわけか迷子になってしまったのではないかと考えています。」

「フィービーがいなくなった時にあれほど捜しても全く見つからなかったんです。RSPCAからの電話でフィービーが見つかったと聞き、本当にビックリしました。」

この20年越しの奇跡の再会には、

1 2