海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】10年ぶりに飼い主と再会した猫 飼っていたのは近所の住民(英)

何年もの間、行方不明になっていたペットと飼い主が再会するというハッピーなニュースが報じられることがあるが、このほどイギリスで10年間行方不明になっていた猫と再会した飼い主が、その猫が自宅からほんのわずかな距離で飼われていたことにショックを受けている。『BBC News』『Metro』などが伝えた。

イースト・ライディング・オブ・ヨークシャーのハットン・クランズウィックに住む2児の母アレックス・エリオットさん(39歳)は、このほど10年ぶりに飼い猫リリー(15歳)と再会し、その喜びを露わにした。

アレックスさんは、子猫だったリリーを2004年に救済センターから引き取って以来、大切に育ててきた。しかし2009年に、リリーは自宅から出て行ったのを最後に姿を消した。その少し前にもリリーは2週間ほど家を空けたことがあったが戻ってきたことから、アレックスさんは2度目にリリーがいなくなってもすぐにはパニックにならなかった。しかし数日が過ぎてもリリーは戻ってくることはなく、アレックスさんは村中にポスターを貼り、近隣住民らにリリーのことを尋ねたり、Facebookに投稿し、動物病院にも問い合わせをした。だがリリーの行方は掴めず、車に轢かれて死んだのではと思うようになった。戻ってこないリリーを思いながら悲しむうちに年月が経つこと10年。この間、実はリリーはアレックスさん宅のすぐ近くで飼われていたのだ。それが判明したのは今年の1月のことだった。

ハルの病院で緊急外来の看護師をしているアレックスさんは、休憩時間中に携帯電話をチェックすると地元の動物病院からメッセージがあることに気付いた。それはリリーがまだ生きていることを知らせるもので、アレックスさんは大きなショックを受けた。

リリーは、アレックスさん宅から通りを数本隔てたわずか370メートルほど離れた男性の家で飼われていた。犬も飼っているというその男性は、