海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】がんで足を失ったゴールデン・レトリバーと相棒犬の強い絆 オーナーが撮る2頭の姿が美しい

人に寄り添い、静かにそばにいてくれる犬の存在はPTSD(心的外傷後ストレス障害)など心の病と闘う人にとって大きな心の支えとなるものだ。メキシコ出身の写真家ジェニファー・メドラノさん(Jennifer Medrano、26)もまたゴールデン・レトリバーの“キコ(Kiko、8)”と“ワトソン(Watson、5)から心理的サポートを受けている1人である。そんな彼女が撮る2頭の仲睦まじい姿や旅行地での美しい写真は人々を瞬く間に魅了し、2頭の専用インスタグラムは93万人のフォロワーを抱える人気アカウントとなった。『Daily Mail Online』『Internewscast』などが伝えている。

PTSDや社会不安に悩まされていたジェニファーさんのもとにESA(エモーショナル・サポート・アニマル)としてゴールデン・レトリバーのワトソンがやってきたのは2015年6月、彼が生後8か月頃であった。絆を高める一環としてジェニファーさんはワトソンにハグすることを教えた。ワトソンはいろんな芸を覚えたがどうやらハグすることが一番のお気に入りで、次第にジェニファーさんの命令なしでもハグをするようになった。

ワトソンを引き取った時、ジェニファーさんの家には同じくゴールデン・レトリバーのキコがすでにいた。キコは基本的に他の犬を寄せ付けずとても攻撃的なため、ジェニファーさんはワトソンを引き取るのを不安に思っていたが、そんな心配をよそに2頭は出会うや否やすぐ友達になったという。

「キコが受け入れた犬はワトソンだけよ。PTSDや社会不安を抱える私にとってこの2頭がそばにいることはすごく助けになっているの。」
「2頭は犬用ビスケットとリンゴを食べるのが好きで、常に一緒に行動しているわ。」

寝るのも、泳ぐのも、食べるのも、そして寄り添うのも常に一緒の仲睦まじい2頭がお互いを愛する姿は、

1 2