海外発!Breaking News

writer : ac

【海外発!Breaking News】眼球タトゥーで右目失明、左目も視力を失う危機にある25歳女性(ポーランド)

ポーランド西部ヴロツワフ在住の25歳の女性は今から4年前、ポーランドのラッパー、ポペック(Popek)に憧れて彼と同じように眼球にタトゥーを入れた。黒く染まった眼球に一度は満足したものの、女性はのちに右目の視力を失い、現在は両目の失明という“恐怖”と対峙している。『The Sun』『LADbible』などが伝えた。

モデルであり、Instagramに1万7千人以上のフォロワーを持つアレクサンドラ・サドウスカさん(Aleksandra Sadowska、25)が眼球にタトゥーを入れたのは、今から4年前のことだった。人体改造に高い関心を持つアレクサンドラさんは、ワルシャワに店を構えるタトゥーアーティスト・ピョートル氏(Piotr A)のもとを訪れ、白目に黒のインクを入れてもらった。

施術後、両目に鋭い痛みを感じたアレクサンドラさんはピョートル氏に訴えたが、「それは普通に起こること。痛み止めの薬を飲めば大丈夫」と相手にされず、とりあえず薬で対処した。しかし目の痛みは消えないばかりか、アレクサンドラさんは突然、右目の視力を完全に失ってしまった。左目の視力も低下していたアレクサンドラさんは慌てて病院に駆け込んだものの、医師から「目の損傷は深く広範囲に及んでおり、右目の視力の回復は不可能だ。左目もそのうち失明するだろう」とほとんど絶望的な告知を受け、ピョートル氏を相手に訴えを起こしたのだった。

裁判は起訴から4年を経てようやく開始される予定だが、