海外発!Breaking News

writer : tinsight-suzukoellis

【海外発!Breaking News】学校の記念写真を禁じられた自閉症の少年、H&Mのモデルに(英)

高機能自閉症(またはアスペルガー症候群とも)と診断された11歳少年が現在、イギリスのハイストリートファッションブランドのモデルとして活躍している。モデルを始めるようになってからは息子の自閉症の症状が随分改善したと喜ぶ父親は、「自閉症だからといって、夢を諦める必要などないということをみんなに知ってもらいたい」と話している。『Mirror』などが伝えた。

英ハートフォードシャー州レッチワースに暮らすアルフィー・アルドリッジ君(11歳)は、現在スティーブニッジにある特別学校(special school)に通っているが、高機能自閉症と診断される前に通っていた普通の学校では、大きなストレスを抱えながら毎日を過ごしていた。

アルフィー君は頻繁に攻撃的になる兆候が見られたため、学校側は記念写真撮影やその他のイベント、様々なアクティビティーなどにアルフィー君を参加させることを禁じた。アルフィー君の態度を敬遠する学校側とその対応によりますますストレスを感じて更に攻撃的になるアルフィー君との悪循環を知った父のギャリーさん(50歳)は、このままでは希望など持つことはできないのではないかと息子の将来を案じた。しかし特別学校に転校した後、家族の友人が「モデルをさせてみてはどうか」と提案、モデル事務所のスカウトを受けたアルフィー君は、その後大きな変化を遂げた。

「Zebedee Management」は心身障害者の雇用においてはイギリス初のモデル事務所として知られており、アルフィー君は現在、H&MやRiver Island、Land Roverなどイギリスで人気のハイストリートファッションブランドの撮影にプロのモデルとして登場している。撮影に参加するようになってからは、アルフィー君の自閉症の症状が大きく改善されたようだ。アルフィー君の母親とは別れているが3児の父親であるギャリーさんは、