エンタがビタミン

writer : techinsight

【エンタがビタミン♪】押切もえ、“モテキ到来”にゲッターズ飯田も太鼓判! 新番組に呼びたいのは「タモリさん」

雑誌『AneCan』で活躍中のモデル・押切もえが生ワイドパーソナリティに初挑戦した。ゲストには、これまでに著名人を含めて4万5千人を占い、よく当たると評判の人気占い師・ゲッターズ飯田が登場し、押切自身や新番組について占った。

『押切もえのTOKYO DISCOVERY』(文化放送)の第1回目が4月6日13時より生放送された。ラジオでの出演は7年目となるという押切だが、生ワイドパーソナリティは初挑戦となる。スタジオに入った押切は少し緊張しているようだったが、桜が満開の日曜日の午後にふさわしく、明るくハキハキした声でトークをはじめ、2時間の生番組を終始笑顔で進めた。

同番組にはいくつかのコーナーがあるのだが、さまざまな分野からゲストを招くコーナー『もえカバリー』には、占い師のゲッターズ飯田が登場した。2月に飯田に占ってもらったという押切は、びっくりするぐらい当たったそうだ。飯田は押切の手相を見て、「いい手相をしています。礼儀正しく根が繊細。人から支えられる」と基本的な人柄を伝え、「マイナスに物事を捉えすぎることがあるので、『なんとかなる』と思うようにした方がいい」とアドバイス。「モテキがすでに来ている。でも結婚は来年か再来年に」と言われた押切は、「最近すごく楽しいんです」と運勢の良い時期にいることを実感している様子だ。「声の仕事は向いている」と新番組について太鼓判を捺した飯田は、「エジソンのような星をもっているので、特許とかグッズのようなコーナーがあるといい。(マツイ棒ではなく)押切棒とか…」と提案をした。それを受けてリスナーからは早速「押切印のエプロンが欲しい。着けると料理上手に見えるような…」と要望が届いた。

ゲッターズ飯田に鑑定してもらう押切もえ

生放送終了後には「噛みましたねー」と若干残念そうな押切だったが、一番の反省点はゲッターズ飯田に「結婚は来年か再来年」と言われたときに、番組進行が気になってあまり話を掘り下げて聞けなかったことだという。「出会いはたくさんあるんですけど、確かにモテキなのかな。でも結婚できないとしょうがないですよね」と結婚願望をあらわにした押切。これから番組に来てほしいゲストは「タモリさん」と言ってすぐに「“そう言って顔を赤らめた”と書いておいてくださいね」と記者たちに念押し。「タモリさんには長寿番組の秘訣を聞きたいです。他には阿川佐和子さんや夏目三久さん。素敵な女性にもお会いしたい」とこれからの番組に意欲を見せた。

番組に意欲を見せる押切もえ

『押切もえのTOKYO DISCOVERY』では「東京」のさまざまな場所を巡りながら、その魅力を再発見していく。前述の『もえカバリー』の他にも、東京をあらゆる角度からリサーチする『ザ・東京ディスカバリー』、都内某所からレポーターが生中継する『TOKYOもえルポ』、押切がオススメの本を朗読する『ほっとブックマーク』、美人になるためのグルメを紹介する『美人キッチン』のコーナーがある。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)