エンタがビタミン

writer : ume

【エンタがビタミン♪】ピース・綾部「女将さんは過去のこと」。ウーマン・村本「客席にブス多い」。『よしもと男前ブサイクランキング』で春の嵐!

今年も『よしもと男前ブサイクランキング2014』が発表された。常連の綾部祐二(ピース)、井上裕介(NON STYLE)に加え、今回注目されたのは村本大輔(ウーマンラッシュアワー)だ。村本の登場に悲鳴のような声をあげた女性たち。果たして村本は男前? ブサイク? どちらに選ばれたのか。

17日、渋谷・ヨシモト∞ホールにて今年で15回目を迎える『よしもと男前ブサイクランキング2014』大発表会・記者会見が行われた。よしもとの芸人の中で「男前」「ブサイク」と思う芸人をインターネット、劇場、ハガキなど一般応募からの総合計を集計しランキングが決められた。

よしもと男前ランキング1位で殿堂入りを果たした綾部祐二(ピース)

男前もブサイクも皆、スポットライトを浴びタキシード姿で登場。今回の男前王者は綾部祐二(ピース)。ブサイク1位は2位以下に2,000票の差をつけた井上裕介(NON STYLE)が選ばれ、3年連続受賞となる2人は殿堂入りが決定した。注目株の村本は、男前ランキング4位入賞と昨年14位からの大躍進。Simplogで自撮りした写真では1位に選ばれた。女芸人による「べっぴん」及び「ぶちゃいく」も併せて発表された。ランキングの順位は以下の通りである。

ダサいと併せて2冠を達成したブサイクランキング1位の井上裕介(NON STYLE)

■男前ランキング
 1位 綾部祐二(ピース)
 2位 向井慧(パンサー)
 3位 北見寛明(ベイビーギャング)
 4位 村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
 5位 菅広文(ロザン)

■ブサイクランキング
 1位 井上裕介(NON STYLE)
 2位 斉藤慎二(ジャングルポケット)

■べっぴん 1位 小川暖奈(スパイク)
■ぶちゃいく 1位 近藤春菜(ハリセンボン)
 2位 箕輪はるか(ハリセンボン)

■男前なパパ芸人 1位 ゴリ(ガレッジセール)

「ねらっていた」と語った綾部は、「喜びは女将さんに?」「ごっつぁんです」など終始“おかみさん”絡みのネタでいじられまくり。「のりのりのり子」「言われているうちが花」と鋭い突っ込みをいれる村本に少々困り顔を見せ、「(女将さんとのことは)2年半前の出来事」と声を大にした。

ダサいランキングでも殿堂入りを果たし、今回のブサイクランキング1位と併せて2冠を達成した井上は「(自分のことを)一度もブサイクと感じたことがない」と堂々たるもの。今回発売されたムック本『よしもと男前ブサイク芸人グランプリ』では、全裸の井上がカラーで4ページにもわたり紹介されている。これを気持ち悪いとみるか芸術とみるかは見た人による。

『THE MANZAI 2013』優勝から露出が増え、今最も話題のウーマン・村本。歯に衣着せぬ発言で反感を買うことも多々あるが、これが村本の持ち味であることは確かだ。今回の男前4位の発表に会場からは黄色い声援ならぬ悲鳴に近い声が響き渡った。そのことについて「選ばれた者を今更責めてもしょうがない。キャーなんて悲鳴をあげられる筋合いはない」「(村本の男前4位に納得がいかないのは)少数派の人間ですから。僕、パッと見てましたけど一般の中にもブスが多かった」「(僕は)勝ちですから」とここでも“猛毒舌”は止まらない。来年は男前ではなくブサイクの方に票が変わってしまうかも知れない。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)