海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】死産を宣告された赤ちゃん 葬儀スタッフが「息をしている」と気付き命を救われる(ブラジル)

このたびブラジルで、病院にて「死産」を言い渡された低出生体重児が“息をしている”ことに葬儀屋が気づき、埋葬前に命を救われた。家族は診察した医師及び病院への強い不信感を露わにしており、地元メディア『G1』の取材に医療過誤の可能性を訴えている。『The Mirror』『7NEWS』などが伝えた。

ブラジルのロンドニア州アリケメス市にて昨年12月27日、18歳の少女が妊娠に気づかぬまま自宅で赤ちゃんを出産した。

少女はこの日、耐え難い腹痛と下腹部からの出血もあり二度受診したが「検査の結果は明日まで分からないから」と家に帰されてしまったという。

同市の保健局長ミレーナ・ピエトロボンさん(Milena Pietrobon)は、少女が受診した際に「医師は彼女が妊娠しているとすぐに分かったはずだ」として以下のように指摘した。

「彼女の子宮の高さはへその上まで増してました。そして診察した医師の診断仮説(患者とのやりとりから予測する診断名)には、『中絶あるいは流産』と書かれています。」
「血液検査、超音波検査、妊娠検査など診断の確定に必要な検査をすべて行い、薬が処方され、(検査結果はすぐには出ないので)少女は家に帰されました。」

ところが同日の午前3時頃に再び激しい腹痛に襲われたため、母親は娘を病院に連れていくことにした。

少女の母親は当時の様子について、次のように明かしている。

「車を出すために家を出て、門を開けた時でした。娘が『何か出てきてる!』と叫んだんです。それが赤ちゃんが出てきた瞬間でした。」
「どうすればいいか分からず、しばらくは麻痺したように動けなかったんです。」
「でも赤ん坊の泣き声と瞬きをする小さな目に気づきました。」

タオルにくるまれ、胎盤がついたまま病院にやってきた赤ちゃんは男の子で、

1 2