海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】動物アレルギーを持つ6歳女児の両親「学校で犬を飼わないで」と要求(英)

体調不良に悩まされていたイギリス在住の6歳女児は、その原因が学校で飼われている犬に対するアレルギー反応であることが分かった。女児はもともと動物アレルギーと診断されていたが、両親は学校に犬がいることを知らなかったという。現在、家庭学習を余儀なくされている女児の両親は、学校に犬の飼育をやめるように求めている。『The Daily Star』『WalesOnline』などが伝えた。

英ケント州タンブリッジウェルズの「The Mead School」に通うヤナ・イヴァニークちゃん(Yana Ivanyk、6)は、重度の動物アレルギーを抱えている。

空気中に舞う犬や猫の毛にも反応してしまうというヤナちゃんは、学校で飼っている犬“ミッツィ(Mitzi)”に対してアレルギー反応が出てしまうため、現在は家庭学習を余儀なくされているという。

母親のイレーナさん(Irena、44)は、当時のヤナちゃんの様子をこのように明かしている。

「学校から帰ってくると息苦しそうにしていたり、体調が優れないことも多くて。何かのウイルスに感染したような症状がずっと続いていて心配だったんです。でもそれが動物に対するアレルギー反応とは気づきませんでした。学校で犬を飼っているなんて聞いていませんでしたから。学校の保護者会に参加した時に犬がいるのを初めて見てとても不安になりました。娘はもともと重度の動物アレルギーで、空気中を舞う犬や猫の毛にも反応してしまうほどなんです。」

「ある日の夜、ヤナは息ができないほどの発作を起こしてしまったんです。本人はもちろん、そばで見ている私もとても辛かったし、家族全員が不安で大変でした。ヤナはこれから4か月間吸入器を使わなければなりません。だから犬が学校にいる間は通わせないと決め、9月16日以降は家庭学習を行っています。」

その後、イレーナさんと夫のマーク・ゴードンさん(Mark Gordon、53)は、

1 2