海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】同性婚の女性 「性的指向が変わった時のために子宮摘出はしない」と告げた医師に苦情申し立て(アイルランド)

今年6月に同性パートナーと結婚したアイルランド在住の女性が、医療差別を受けたと苦情を申し立てた。長年ひどい生理痛に悩んでいた女性は、子宮摘出について医師に相談したところ「性的指向が変わって、男性の子供が欲しくなるかもしれない」と告げられたという。『The Mirror』『New York Post』などが伝えた。

アイルランドのロングウッドに住むレイチェル・チャンプさん(Rachel Champ、27)は長年ひどい生理痛に苦しめられ、これまで様々な治療法を試してきたがどれも効果がなかった。

今年6月に同性のパートナーであるカレンさん(Karen、28)と結婚したレイチェルさんは、医師に子宮摘出は可能な選択肢であるかを尋ねたところ「性的指向が変わり、男性パートナーの子供が欲しくなった場合に備えて子宮摘出は行わない」と告げられたそうだ。

レイチェルさんは年々悪化している症状についてこのように明かしている。

「10歳で生理が始まってからずっとひどい生理痛に悩まされていました。母と一緒に医師の診察を受けたこともありますが、『痛みがあるのは普通のこと』と言われ、鎮痛剤やピル(経口避妊薬)を処方されるだけでした。でも年々症状は悪化していて、今では生理中だけでなく排卵時にも頭痛や吐き気、ひどい腰痛や脚の痛みを感じていました。昨年は1か月近く寝たまま過ごすこともあったし、今年の3月から6月の間もほとんど起き上がれず、カレンに食事や鎮痛剤をベッドまで持ってきてもらっていました。」

今から2年ほど前、レイチェルさんは子宮内膜検査を受けた際に担当した医師から「この痛みは正常ではない」と告げられ、婦人科の医師を紹介してもらった。だがその医師は「痛みの管理をすればいいだけ」と伝えただけで、症状が改善することはなかったという。

レイチェルさんは「この痛みのせいで私は多くのことを失った気がします。仕事や大学を休んだり、社会的なイベントにも参加できなかったり。結婚式も含めて、私の人生は生理周期を中心に計画されているんです。生理中はベッドから離れられないことが分かっていますから」と語っている。

そんなある日、立っていられないほどの激しい痛みと嘔吐で救急病院に運ばれたレイチェルさんは、

1 2