海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】自宅で誘拐された6歳女児、14年の時を経て母親との再会を果たす(米)

当時6歳だった女児が自宅で誘拐されてからまもなく14年が経とうとしていた。19歳になった彼女がソーシャルメディアのメッセージで母親に連絡をしたことがきっかけで先日、ついに再会を果たすことができた。『NBC News』『The Mirror』などが伝えている。

2007年、米フロリダ州クラモントで母親のアンジェリカ・ヴァンス・サルガドさん(Angelica Vences Salgado)と暮らしていた当時6歳のジャクリーン・ヘルナンデスさん(Jacqueline Hernandez)は、自宅にいるところを何者かに誘拐され行方不明になった。そして同年12月22日、フロリダ州法執行局はジャクリーンさんを誘拐したのは父親のパブロ・ヘルナンデス(Pablo Hernandez)だと疑い彼を指名手配したが、当時の調べによると、彼は娘を連れて国境を越えてメキシコに行ったと言われていた。

それから14年が経ち、アンジェリカさんとジャクリーンさんはついに再会を果たすことができた。

クラモント警察によると事件に進展があったのは9月2日、母親のアンジェリカさんがSNSを通じて誘拐された娘だと名乗る女性から連絡を受けたことだった。その女性はメキシコにいることを伝え、9月10日にテキサス州ラレドにある国境で会いたいと告げたそうだ。

連絡を受けた警察はその女性の入国を監督し、彼女が実際にアンジェリカさんの娘であることを確認するために複数機関の協力のもと作戦が開始された。

迎えた当日、

1 2