海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】生後8週の息子にトイレトレーニングをする母親に賛否両論「赤ちゃんは様々な合図を送ってくる」(米)

親であれば誰もが経験する我が子のトイレトレーニング。一般的には言葉が理解できるようになる3歳前後で始めるようだが、このたび生後8週の赤ちゃんにトイレトレーニングを行い、おまるで排泄させる方法をSNSに投稿した母親がいる。その驚くべき方法を『The Sun』『The Mirror』などが伝えた。

米ウェストバージニア州のマーティンズバーグに住むジョーダン・ケールさん(Jourdan Kehr)は、2週間ほど前から「エリミネーション・コミュニケーション(Elimination Communication)」と呼ばれる方法で生後6週だった息子のトイレトレーニングを始めたとしてTikTokに動画を投稿し続けている。

もともとアメリカで提唱され広まった「エリミネーション・コミュニケーション」は保育者と子供のコミュニケーションを重視し、赤ちゃんのタイミングに合わせてトイレやおまるで排泄させる方法で、生後まもない時期からスタートするという。

一見難しそうに思えるこの方法だが、ジョーダンさんはこのように明かしている。

「実はすごく簡単なのです。おむつを外して抱っこしたままおまるに座らせるだけです。赤ちゃんがコミュニケーションを取ろうとするのではなく、私たちが我が子の合図を読み取るのです。赤ちゃんはトイレに行きたくなるとウンウンうなったり、泣いたり、お腹の動きや表情など様々な合図を送ってきます。そのようなサインを見逃さないこと。あとは、タイミングを見計らっておまるに座らせる時もあります。おむつ交換の時はもちろん、昼寝や食事のあとにもトイレに連れて行き、トイレを使ってもいいことを教えてあげるだけです。」

そして息子をおまるに座らせ、

1 2