海外発!Breaking News

writer : tinsight-hanako

【海外発!Breaking News】行方不明の息子を捜して24年 50万キロ以上をバイクで旅しついに見つけ出した父親(中国)<動画あり>

「突然我が子が誘拐されていなくなってしまう」―子を持つ親であれば、想像するだけで胸が張り裂けそうになるだろう。子供の人身売買が大きな社会問題となっており未解決の事件が多く残る中国で、24年前に誘拐された息子を捜し、50万キロ以上をバイクで旅した父親がいた。そしてついに父は息子を見つけ出したのだ。『South China Morning Post』『BBC News』などが伝えている。

1997年9月21日、中国・山東省リャオチェンの村に住むグオ・ガンタンさん(郭剛堂、Guo Gangtang)の息子で当時2歳半だったグオ・シンゼンちゃん(郭心珍、Guo Xinzhen)は、自宅近くで遊んでいたところを見知らぬ女に誘拐された。

警察の捜査のほか500人以上のボランティアが近くのバス停や駅を捜し、ガンタンさん自身も道行く人々にチラシを配り情報を求めたが、手がかりを得ることはできずにいた。ガンタンさんは息子を誘拐されたショックで1か月間に体重が80キロから60キロに激減し、髪の毛も真っ白になってしまったという。

打つ手がなくなったガンタンさんは、過去のインタビューで「私が捜しに行けば、息子を見つけられる一筋の希望があるかもしれないと思ったのです。誘拐犯はどうせ息子を返してくれません。私が家にいても息子が戻ってくるチャンスはないのです。だから、私は息子の捜索を始めたのです」と息子を捜し出す旅に出る決意をした理由について語っている。

そして1997年の終わりから、シンゼンちゃんの写真が入った旗を立てたバイクで全国を走り回り、この24年間でチベット自治区と新疆ウイグル自治区を除くすべての省・地域を訪れた。その距離は50万キロを超え、10台ものバイクを乗りつぶしたという。

彼は息子を捜す一方で、中国の行方不明者組織の主力メンバーとなりウェブサイトを立ち上げ、100人以上の行方不明の子供たちと家族の再会を手助けしてきた。

このガンタンさんの実体験をもとにしたストーリーは『失孤(ロスト・アンド・ラブ)』のタイトルで映画化され、2015年に公開された。

映画の中では、

1 2