海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】「フライドポテトに食いつくカモメの写真」がGoogleの最新広告塔に! 驚きの撮影者「最初は冗談かと思った」(英)

実は10年前にも各メディアに掲載されたそうだ。ハンナさんは3月22日、当時を振り返ってInstagramに以下のように綴っていた。

「ポテトを食べるカモメの写真からはや10年。10年前にブリドリントンの港で、この貪欲なカモメの姿をiPhone 3Gでなにげなく撮影しました。」

「この写真は『BBC』のウェブサイトに掲載されたり、数々の出版物の一面を飾ったり、さらには『エジンバラ・フェスティバル・フリンジ』のパンフレットの表紙になったりと、大人気だったんです。」

するとこの投稿がGoogleの目に留まり、今回の買い取りオファーにつながったという。

当初はオファー主が不明のまま「写真を買い取らせてほしい」とのメッセージを受け取り、ハンナさんは10年以上も前の写真だったこともあり「冗談かと思った」と大変驚いたそうだ。しかし交渉を重ねるうちに相手側の真剣さを感じ、秘密保持契約を締結した。その後、クライアントがGoogleだったことが明かされたそうだ。

写真の買い取り金額は契約上公表できないそうだが、Google側はこのカモメの写真をイギリスとアイルランドの巨大看板にて30日間、オンライン上にて12か月使用できることになっている。

ハンナさんは6月6日、自身のTwitterで一連の出来事を明かし「看板で見かけたら、ぜひ連絡してね!」とフォロワーに向けて喜びつつも報告していた。

画像は『Hannah Huxford 2021年6月5日付Instagram「PROUD MOMENT」、2021年6月9日付Instagram「Joyous Day」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

Googleの広告になった巨大看板の前で笑顔を浮かべる撮影者のハンナさん(画像は『Hannah Huxford 2021年6月9日付Instagram「Joyous Day」』のスクリーンショット)

1 2