イタすぎるセレブ達

writer : tinsight-c-emma

【イタすぎるセレブ達】『JUNO/ジュノ』女優がトランスジェンダーを公表 名前も「エリオット・ペイジ」に

映画『JUNO/ジュノ』などで知られるカナダ出身のエレン・ペイジが、このほどトランスジェンダーをカミングアウトした。自身の名前もエレン・ペイジからエリオット・ペイジに改名したことをSNSで公表しており、この勇気ある投稿にはマイリー・サイラスやジュリアン・ムーアら多数のセレブ、そして多くのファンからサポートの声が届いており、Instagramには10万件を超えるコメントが寄せられた。

2014年に同性愛者であることを公表して以来、社会的弱者である性的マイノリティーへの理解を深め、社会の偏見をなくす活動を続けているエレン・ペイジ。2018年に同郷カナダ出身の振付師エマ・ポートナーさんと同性婚を果たしたエレンが、昨年6月のLGBTプライド月間に“妻”とトップレスでハグを交わすモノクロ写真を公開したのは記憶に新しい。

そんなエレンが今月1日、SNSに長文を掲載し、自身がトランスジェンダーであることをカミングアウトした。(トランスジェンダーとは「身体的な性(生まれた時の性別)と性自認(自身で認識している性別)が異なる人」のことを指す)2014年に女性同性愛者としてカミングアウトしたエレンが、今回は自身を男性と認識していることを公表した形で声明文にも、

「私を指す代名詞は“he/they”であり、私の名前はエリオットです」

と綴られている。ちなみにこの“they”は、