海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】サーカスの調教師がクマに襲われ死亡 感染予防のマスク着用姿にクマが混乱か?(露)

このほどロシアのサーカス団で、調教師の男性がクマに襲われ死亡するという事故が起きた。事故当時の男性はマスクを着用しており、クマが男性の顔を認識できなかったことが原因ではないかとみられている。『LADbible』『The Sun』などが伝えた。

今月初旬、ロシアの「グレート・モスクワ・ステート・サーカス」で調教師を志していたバレンティン・ブリッチさん(Valentin Bulich、28)が飼育しているクマの“ヤシャ(Yasha)”に襲われて亡くなった。

他のスタッフの話によると、バレンティンさんは自らヤシャの檻に入り、ヤシャが逃げ出すのを防ぐため内側から鍵をかけたそうだ。そしてヤシャに背中を向けたところ、襲われたという。

事故に気付いた周囲のスタッフによってすぐさま檻から救出されたバレンティンさんだったが、その頭皮は引き裂かれ、身体にもひっかき傷を負っていたようだ。バレンティンさんは搬送先の病院でそのまま死亡が確認された。

事故当初は、クマの調教師になることを夢見ていたバレンティンさんが「自らの調教訓練のために檻に入った」と伝えられていたが、実際には定期的な清掃業務のために入ったことが分かっている。

サーカス関係者は地元の報道機関『BAZA Media』に対し、事故当時の様子をこのように語った。

「ヤシャはバレンティンのことをよく知っていました。何が起こったかって? 彼は新型肺炎の感染防止のため付けていたマスクを取り外すのを忘れたまま檻に入ってしまったのです。」

「そのためヤシャはバレンティンだと気づかなかったのでしょう。彼がヤシャに背を向けた瞬間に襲われてしまいました。」

「すべてがいつも通りの作業風景でした。彼は檻に入って、鍵をかけ、そしてマスクをしたまま振り返ったんです。」

この死亡事故により当時の状況やサーカスの安全管理などの調査が行われたが、

1 2