海外発!Breaking News

writer : tinsight-katoyukie

【海外発!Breaking News】ひっくり返る氷山の上にいた探検家、命拾いし「北極でやっていけないことの教訓になった」<動画あり>

今年8月に北極海を航海していた探検家チームが発見した氷山に乗り移って登り始めたところ、なんと氷山がひっくり返ってしまった。極寒の海に投げ出されながらも命からがら逃げだした探検家らは「これはとても危険な失敗だった」とその過ちを認めている。『Munchable』『Daily Mail Online』などが伝えた。

背筋の凍る体験をして九死に一生を得たのは、探検家のマイク・ホーンさん(Mike Horn、54)とフレッド・ルーさん(Fred Roux)だ。彼らを含む探検家チームは当時、ノルウェー本土と北極点の中間に位置するスヴァールバル諸島を航行していた。

8月3日のこと、探検チームは大きな氷山を発見しマイクさんとフレッドさんはその氷山を登ってみることにした。しかしこれが大きな間違いであった。

公開された動画によると、2人は氷山の近くまでボートで近寄り、氷山に飛び移るとピッケル(アイスアックス)とアイゼンを付けたブーツを使ってゆっくりと登り始めた。しかし彼らのボートが氷山から引き離され始めると氷山は徐々に傾き始めた。

慌てた2人は上へと登っていこうと試みるが、努力もむなしく急勾配に傾いた氷山から滑り落ちてマイナス2℃の北極海に投げ出されてしまった。さらに2人の頭の上から、さっきまで登っていた氷山が覆いかぶさってきたのだ。

幸運にも2人は波に押し流されたおかけで、すんでの所で氷山の直撃を免れた。

南アフリカ出身で探検家として活動しているマイクさんがこの時の動画を自身のYouTubeチャンネルに投稿したところ、

1 2