エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】『極主夫道』実写ドラマ化で主演・玉木宏に立ちはだかる津田健次郎の人気「なんでツダケンじゃないんだ」の声も

ウェブコミックサイト『くらげバンチ』で連載中の漫画『極主夫道』(作者・おおのこうすけ)が、玉木宏主演により実写ドラマ化されることが発表された。映画『ウォーターボーイズ』(2001年)やドラマ『のだめカンタービレ』(2006年)などで知られる人気俳優・玉木宏が元極道の専業主夫・龍役を務めることで話題になっているが、その一方で俳優で声優の津田健次郎が人気を再浮上させているのだ。

津田健次郎と言えば、一部週刊誌で結婚について報道されたことから、7月7日にインスタグラムで改めて「妻とは私が舞台役者として駆け出しの頃に舞台の世界で出会い…」と馴れ初めを明かした。結婚当初、生活の安全を脅かされる文書が頻繁に届くことがあり、安全を守るため公にしなかったことに加え、もう1つの理由は「私が好きな俳優さんや声優さんは私生活が見えない魅力がある方が多く、自分もそういう表現者になりたいという思いもあった」という。

そんななか8日に玉木宏主演で日本テレビ系日曜ドラマ『極主夫道』が10月からスタートすることが報じられると、YouTube「くらげバンチ新潮社」チャンネルで2019年12月26日に公開された『「極主夫道」(著:おおのこうすけ)実写版PV』が再注目されている。

『極主夫道』の主人公・龍は「不死身の龍(たつ)」の異名を持つ最凶のヤクザだったが、家事が苦手なキャリアウーマンの美久と結婚したのを機に極道を辞めて専業主夫となる。単行本の発売記念CMPVでは龍の声を津田健次郎が担当しており、実写版PVには津田が龍役、中優一郎が警官役で出演、美久の声を坂本真綾が担当した。

そのため漫画『極主夫道』のファンを中心に、龍役は津田健次郎というイメージが定着しているのだろう。実写ドラマ化が発表されたことで、