海外発!Breaking News

writer : tinsight-masumi

【海外発!Breaking News】「施設へ…」と言われたダウン症の少女がトップブランドのモデルに(米)

15年前に出産した母親は娘がダウン症候群だったことから、養子に出すよう医師に勧められた。しかし愛する娘を手塩にかけて育て続け、現在15歳になった娘は全米のトップブランドのモデルとして活躍することとなった。『The Sun』『Mirror』が伝えている。

米コロラド州コロラドスプリングスに住む15歳のケネディ・ガルシアさん(Kennedy Garcia)は、ダウン症候群を抱えて生まれてきた。ダウン症は一般的に身体と精神の発達が遅れると言われ、彼女の母親レニーさん(Renee、40)は、ケネディさんを出産した直後に医師から「養子に出すために施設に入れた方がいい」と言われた。

さらにケネディさんが成長しても満足に生活することができず、成人になってもオムツを必要とするだろうと医師に言われ、レニーさんは悲しみに暮れたそうだ。ところがある助産師から「自分もダウン症の娘がいる」と知らされ、彼女の娘は比較的普通の生活ができているとも伝えられた。

それからレニーさんは前向きに捉えるようになった。しかしなかなか簡単にはいかず、生まれて間もないケネディさんは白血病にかかり、ようやく克服した頃には頸椎の一部と頭蓋底とが離れているため頭を支えられず、半年間は頭を固定するために金属のフレームをつける生活を強いられたこともあった。

この治療の間にケネディさんはダンスのビデオを見て過ごすことが多かったせいか、治療後はダンスに夢中になり、5歳になったあたりからダンス教室に通うこととなった。ダンスによって人前で自分を表現することに興味を持ったのか、ケネディさんは「ダウン症ワールド・マガジン(Down Syndrome World Magazine)」でも紹介され、雑誌のモデルなどもこなすようになった。

ケネディさんは現在、タレントエージェンシーに籍を置いており、