エンタがビタミン

writer : ume

【エンタがビタミン♪】南キャン・山里、又吉直樹「火花」の続編「火種」執筆に立候補!?

世界最大のオンラインストリーミングNetflix(本社:米国カリフォルニア州)の日本法人Netflix株式会社(本社:東京都港区)によるサービスを9月2日(水)に控え、「Netflix ジャパンローンチパーティ」が開催された。南海キャンディーズ・山里亮太のMCのもと、YOUや望月歩ら、そしてシークレットゲストにはピース・又吉直樹が登場しパーティのトリを飾った。

パーティにはNetflixのCEOリード・ヘイスティングス、グレッグ・ピーターズ(Netflix.K.K.代表取締役)、オリジナルドラマ『センス8』からペ・ドゥナ、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のラヴァーン・コックス、ウゾ・アドゥバと豪華女優陣が出席。大トリにはシークレットゲストとして、Netflixでは日本ドラマ初となる「火花」の著者・又吉直樹がCEOらと共に登場し、背中に“火花”と文字の入ったハッピ姿を披露した。

レッドカーペットに登場したラヴァーン・コックスとウゾ・アドゥバ

MCを務めた南海キャンディーズ・山里亮太は、又吉の登場に羨望の眼差しを向ける。CEOと代表取締役の間に立つ又吉に「捕獲された宇宙人みたい」「これだけそうそうたるメンツが今まで出てきて、最後の最後のサプライズで又吉って。あいつ上り詰めましたね」とコメント。又吉も「このタイミングでシークレットゲストは怖かった」と心境を語った。

「めちゃくちゃテンションあがってる」又吉直樹

「思い入れの強い作品なのでどうなるのか凄い楽しみ」「感情が表に出にくいタイプなんですけど今、めちゃくちゃテンションあがってると伝えておきたい」と笑いを誘った又吉に、NSCの同期でもある山里は「又吉おめでとう。天下とったな」「俺、(火花の)続編書こうかな。“火種”っていうのはいっぱいあります」と嫉妬のこもった祝福を送った。

同パーティではグレッグ・ピーターズの一言により、山里のカウントダウンにて1日早いNetflixのサービスがスタートした。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)