エンタがビタミン

writer : ume

【エンタがビタミン♪】TRF・SAM、まさかの「骨年齢が70歳のおばあちゃん」結果にショック。

昨年末、EXILEのリーダーHIRO(44歳)が現役を引退したのは記憶に新しい。40代で現役のダンサーでいるというのは想像以上に大変なことであろう。しかし、まだまだ現役続行中の元気な中年ダンサーがいる。TRFのSAM(52歳)、ETSU(49歳)、CHIHARU(47歳)の3人だ。キレのあるダンスはいまだ健在。この3人の骨年齢は一体何歳だろうか?

5日、東京・原宿にて『ダノン デンシア骨活アンバサダー認定式』が開催された。ゲストにはTRFのSAM、ETSU、CHIHARUが登壇し、医師のおおたわ史絵さんが3人の骨年齢結果を発表し、アドバイスを行った。

TRFの3人にアドバイスをした医師・おおたわ史絵さん

プロのダンサーゆえ日頃から体を動かすことはしている3人だが、特に意識してカルシウムを摂取はしていないという。SAMとCHIHARUは“肉食”と語り、ETSUのみ「なるべくバランスよく食べるようにしている」と語った。1か月間『ダノン デンシア』を食べ続けた3人の骨密度を測った結果が発表され対照的な数値が以下の順番で発表された。
■CHIHARU(47歳)、骨年齢43歳
■ETSU(49歳)、骨年齢20歳以下
■SAM(52歳)、骨年齢70歳
「骨年齢70歳」という結果を受け、SAMは「もうちょっと若いかと思った」と苦笑い。また「若い頃からどこかに体をぶつけると骨、折ってました。骨折率高いです」と骨の弱さは昔からであることを明かした。おおたわ先生からは「70歳だからといって諦めることはない。骨は作られていくからカルシウムとビタミンDを摂れば、これからでもまだまだ間に合う」とアドバイスがされた。

まさかの骨年齢70歳のSAM

骨活(ほねかつ)を実践することを宣言した3人による「EZ DO 骨活ダンス」が披露され、おおたわ先生とマスコットキャラクターである“デンタロウ”も一緒に壇上でキレのあるダンスを披露した。「EZ DO 骨活ダンス」は『ダノン デンシア』ブランドサイト内の「運動して骨活」ページで見ることができる。

残念ながら年齢とともに体は固くなる一方だ。40から55歳の女性はイエローゾーンで今まで以上に注意が必要と語ったおおたわ先生の言葉を胸に、骨を鍛え、3人のようなキレのあるダンスは無理としても「EZ DO 骨活ダンス」で体を動かす習慣をつけ、いつまでも健康でいたいものである。
(TechinsightJapan編集部 うめ智子)