エンタがビタミン

writer : maki

【エンタがビタミン♪】さんまが“長澤まさみ”似の鈴木ちなみを警戒。「俺、あいつに気をつけよう!」

明石家さんまが『ホンマでっか!?TV』にて共演したモデルで女優の鈴木ちなみに好意を見せた。彼女はマツコ・デラックスや加藤綾子アナも認める“天然”な性格で、そこもさんまのタイプらしい。しかも、さんまが以前から「好き」だと公言している女優に似ていると評判だ。

ドラマ『ファーストクラス』(フジテレビ系)が最終回を迎えた12月24日。その前の時間帯に放送されたバラエティ番組『ホンマでっか!?TV』には、『ファーストクラス』女優の沢尻エリカや夏木マリ、木村佳乃、シシド・カフカ、ともさかりえ、そして鈴木ちなみが揃った。

この日は、彼女たちに様々な質問をして最も“ココロ不美人”なのは誰かを診断することとなった。まず、「男友達がハゲを告白した時に、ハゲについて話すか?」との問いに、女優陣は“はい”のパネルを提示したが鈴木ちなみだけが“いいえ”を選択した。

鈴木は「久しぶりに会ったのに、ハゲの話は重要に感じない」とその理由を話す。だが、専門家の先生は「ハゲを気にしている男性が話しているのにスルーしたら、“話題にできないほどハゲているのか”とさらに気にしてしまう」ことから“相手の気持ちを分からないココロ不美人”だと言う。

また、「これだけは人に負けないというスキルはある?」と問われ、鈴木以外は“はい”のパネルを選んだ。正直な鈴木は「何をとっても私より上手にやられる方がたくさんいるから~。あまり思いつかないです」と答えて、さんまから「何か、スキルがあるからこの世界に入って来られたのでは?」と確認された。しかし、彼女は「何でしょうね~。あ~ちょっと考えときます…」ととらえどころの無い返事をしてしまう。

最後の質問は「自慢のジュースを勧められた時どう対応する?」というもので、ブラックマヨネーズ・吉田敬がオレンジジュースの入ったグラスを1人ずつ勧めてその反応を見るテストだ。他の女優は吉田と少しやりとりをした後にストローでジュースを飲んだが、鈴木はいきなり飲み始めて「あ、おいしいです、う~ん、違う」とマイペースを貫いた。それにさんまが「君、見た目どおりの人やねんな!」と感心すると、マツコ・デラックスも「ホントに生まれたまんまなのかな~」と唸った。さらに加藤綾子アナからも「本当にそうだと思います!」と言われるほど、鈴木は天然なのであった。

そうした質問が全部で6問出されて、最終的に“ココロ不美人”No.1だと診断された鈴木ちなみ。独特なゆるい感じで「でも、他の共演者の方が“ココロ美人”が多いから、まだ勉強の余地があると思います…」と話すと、「うわっ、ここまで“ココロ不美人”なんだ、あいつ! 俺、あいつに気をつけよう!」とさんまも警戒する。しかし、マツコから「嫌いなタイプじゃないでしょ?」と言われたさんまは、「大好きなタイプ!」と嬉しそうだった。

さんまは、前々からドラマ『ハタチの恋人』(2007年)でW主演したこともある女優の長澤まさみが「好き」だと公言している。実は、鈴木ちなみとその長澤まさみが似ているとネット上で噂になっており、写真のアングルや表情によってはどちらか分からない時もあるほどだ。さんまが顔をほころばせるのも納得である。

※1枚目の画像は『twitter.com/chinyamixxx0926』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)